これイイよ!

スマートフォンやタブレット、パソコン

brotherプリンタ「DCP-J567N」購入

time 2016/12/01

brotherプリンタDCP-J567N」をヤマダ電機で11月28日に購入。価格は税込みで10,800円程でした。

5年以上使っていたEPSONのプリンタ「PX-402A」の電源ボタンの不調と、警告ランプの点滅が消えず印刷ができなくなる事が増えてきたので、まだインクは残ってたんですが買い替えちゃいました。

予算は15,000円以内で考えていたんですが、「DCP-J567N」は価格も税別で9,980円と思ってたより安かったです。

sponsored link

EPSONにしなかったのは・・・

初めはEPSONの6色インクの「EP-709A」か旧型の「EP-708A」を考えていました。価格は「EP-709A」が12,000円くらいだったかな?

Cannonは最新機種は17,000円程度~で旧型はボディサイズがかなり大きいのでパス。

「DCP-J567N」で写真印刷したサンプルを見て不満が無かったのと、店員さんが「写真印刷が少ないならbrotherの方がコスパが良いかも」みたいなことを言ってたので「DCP-J567N」に決めました。

無線LANと前面給紙は便利

k20161201-2

初期設定はインクカートリッジの取り付けやインクの充填、テスト印刷、付属のソフトインストール、無線LANの設定も含めて20分~30分くらいかかりました。

インクは本体右側に

ブラックは大きめになってます。

無線LANに対応したプリンタは便利ですね。ケーブルが無くなりパソコンまわりが少しすっきりしました。

自分はまだ試してませんが、スマホにアプリをインストールすればスマホから直接印刷もできるみたいです。

 

 

前面給紙は便利ですが、用紙のサイズによっては用紙をセットしたトレーの位置を変えなきゃならないのはちょっと面倒だと思います。

A4の用紙に印刷する時はこの状態で

L判の用紙に印刷する時は

L判の用紙をセットしたトレー上側の部分を前(本体奥側)にスライドさせます。

これ、プリンタのセットアップ時にテスト印刷の為A4の用紙を何枚かトレーにセットしてたんですが、L判の用紙を印刷する時は、L判の用紙をセットしたトレー上側の位置をプリンタの奥の方に動かさなきゃダメなんですよね。

パソコンからの設定やプリンタ本体のタッチパネルで設定を変更するだけじゃダメなんです。これに気付かなくて、A4サイズの用紙に何度もL判サイズの画像を印刷しちゃいましたよ。トレーの用紙の位置も変更しないと駄目なんです。

写真印刷

まだA4とL版何枚か印刷した程度ですが、4色インクの低価格プリンタの割には写真も悪くないんじゃないかと思います。

2009年発売の「PX-402A」と比べると写真も綺麗に印刷できてるし、特に写真印刷にかかる時間が短くなりました。

全く同じ条件って訳じゃないですけど、同じ画像をL判印刷した場合

「DCP-J567N」(上)だと30秒ちょい

「PX-402A」(下)だと1分30秒近くかかりました

見た感じも「DCP-J567N」の方が鮮やかな感じがします。「PX-402A」はちょっと「白っぽい」「光沢が無い」ように見えますね。

音は意外と大きめ

何の音かよく分かりませんが、印刷が始まる前に「ビビ―」みたいな大きめの音が何度かします。

印刷が始まるとあまりしなくなるし、印刷している時のヘッドが動く音は別に大きくはありませんけどね。用紙を動かしてる音なんだろうか?

まとめると

「ビビ―」って大きめの音がする事以外は「DCP-J567N」に不満はないですね。

その他では、用紙のサイズによってはプリンタ本体のトレーの位置を変える必要があるのがちょっと分かり難いかな。

自分の場合は7年前の古いプリンタからの買い替えなので、印刷の品質やスピードも自分の使い方なら特に問題無さそうです。

価格的には型落ちで5,000円~6,000円くらいのプリンタもあるけど、「DCP-J567N」は下位機種とはいえ最新モデルで10,000円を切る価格は割安感があると思います。

<おススメ記事>

EPSONカラリオの2016年モデル

「カートリッジE ブラック」と「LC11-4PK」を購入

PX-402Aのインクカートリッジを交換

sponsored link



sponsored link

アーカイブ