これイイよ!

スマートフォンやタブレット、パソコン

「GORILLA CN-GP550D」を使ってみて

time 2016/02/29

2月21日は市川へ、28日には取手へ行く用事があったので、先日購入したPanasonicのポータブルナビ「GORILLA CN-GP550D」を使ってみました。

市川・取手共に片道50キロほど。その時「GORILLA CN-GP550D」を使って気が付いた事を書いておきます。

sponsored link

市川まで行った(オリコETCカード使用3回目)

2016年2月19日 「オリコETCカード」使用2回目 2016年1月17日 の時とほぼ同じルートで市川まで行く用が出来たので「GORILLA CN-GP550D」を使ってみました。

高速道路・有料道路は東関東自動車道の富里~宮野木ジャンクション→京葉道の市川インターチェンジまで。この区間では行きも帰りも問題無く「GORILLA CN-GP550D」は動きました。

表示がおかしくなったケース

行きの市川インターチェンジを降りてから目的地(昭和学院近く)までの間は問題なくナビが使えましたが、帰りの京成八幡駅周辺から市川市消防局辺りまでの間はナビの案内がおかしくなりました。

1.京成八幡駅の数百メートル手前辺りからかなり渋滞気味になり位置を見失うような感じになる。

2.ナビの画面に自車の位置は表示されるものの道路と少しずれて表示され、方角もおかしくなる。

3.ノロノロ走ってるうちは、なかなかこのずれが修正されず、渋滞を抜けて少し走ったところ(市川市消防局辺り)で正常な位置に表示されるようになった。

大体こんな感じでナビの表示が元に戻りました。

取手は一般道のみ

2016年2月28日一般道で茨城県の「JAとりで総合医療センター」まで行きました。片道50キロくらいです。基本的にナビは問題なく動きましたが、やっぱり一時的に自車の位置がおかしくなり、少し走ると正常な位置に戻る事がありました。(場所的には取手市役所の近く)

基本的に進行方向がナビ画面の上を向いているんですが、それが狂うと修正されるまでちょっと時間がかかる感じですね。この症状はナビ起動直後にも出た事があり、ノロノロ走ってる時よりもある程度スピードが出てたほうが早く修正されるように感じました。

「GORILLA CN-GP550D」を使ってみて

画面が5インチと小さい分、文字やマーク(信号機など)も小さ目に表示されて情報も少なくなりますが、ナビの性能もポータブルタイプとしては及第点かな。ただ案内のタイミングが少し速めに感じます。

文字入力も普通にできるし、タッチパネル(反応が悪く感じる時はありますが)での操作もまあまあ。リルートの速度も問題ないと思います。

でも1年近く使っていて殆ど自車の位置を見失ったことがない「Xperia Z3 Tablet Compact」+「NAVIelite」の組み合わせと比べると、画面の大きさを差し引いてもナビの性能はちょっと落ちますね。

まあナビとしての機能・性能は物足りない部分もありますが、2万円台前半って価格を考えたら充分な気もします。ただ、都心部等の高層ビルが多い地域とかは走ってないので、そういう場所を走った場合どんなものなのかは何とも言えませんけどね。

<おススメ記事>

Panasonicのポータブルナビ「GORILLA CN-GP550D」購入

ポータブルタイプのカーナビが欲しい

ビートソニック「QBD23」と「QBA29」を購入

sponsored link



sponsored link

アーカイブ