これイイよ!

スマートフォンやタブレット、パソコン

「LaLa Call(ララコール) 」を使ってみた

time 2015/05/11

lalacall

http://lalacall.jp/

ケイ・オプティコムの050通話アプリ「LaLa Call(ララコール) 」を「HTC J One HTL22」にインストールして使ってみました。

「LaLa Call」は「mineo」ユーザーなら月額基本料金が無料(と言っても100円ですが)になるし、通話料金も自分の契約している「mineoデュアルタイプ」の30秒20円(税別)と比べても、携帯電話だと1分8円、固定電話は3分8円とかなり安くなります。

「LaLa Call」アプリ同士、eo光電話との通話は無料っていうのは、千葉県在住の自分にはなかなかハードルが高いですけど、「mineo」ユーザーなら月額料金無料だし試しに使ってみようかと思いました。

sponsored link

「LaLa Call」の申し込み方法は

アプリをダウンロード&インストール、ログインして通話料を支払うクレジットカード情報の入力、コールバック(本人確認)が終われば「プライバシー」の設定や「LaLa Call」で使う電話番号を画面に表示された5つの中から選べば終了です。

「LaLa Call」の料金の支払いを「mineo」と同じクレジットカードにしたいなら、アプリをインストールする前に「mineo」のマイページにログインして「コンテンツ利用料請求先」を設定しておいた方が簡単に進みます。設定してないとスマホの小さな画面からカード番号等を入力する事になるみたいです。

「コールバック」で躓いた

本人確認の「コールバック」は画面に4桁の暗証番号(PINコード)が表示され、こちらから電話をかけて自動音声ガイダンスに従いその暗証番号(PINコード)を入力するだけの簡単なものなんですが、「HTC J One HTL22」の音声関係の不具合?で電話をかけても自動音声が聞こえず、4桁の数字を入力するだけの事に随分手間取ってしまいました。

「HTC J One HTL22」の音声通話が不調に

「コールバック」=「自動の音声案内に電話をかける」という理解が無くて何も聞こえないので何が悪いのかもわからず何回もやり直しちゃいました。スマホの不具合なんで「LaLa Call」が悪い訳じゃないけどね。

実際に使ってみた感想は

IP電話って自分で使ってみたのは初めてなんですが、やっぱりちょっと音声が遅れるような感じはしましたね。

1.自分のauガラケーから「LaLa Call」をインストールしたスマホ「HTC J One HTL22」に電話をかける。

2.「LaLa Call」から自分のauガラケーに電話をかける。

3.「LaLa Call」から自宅の固定電話に電話をかける。

の3パターンを試してみたんですが、通話の音声もはっきり聞こえて普通に通話できました。今回試した限りでは音声が遅れるのも許容範囲内かな。

まあ、au以外の携帯電話や他のIP電話との通話、「mineo」でも通信速度が落ちる場合が多い平日昼頃に使った場合どうなるのか等、もう少し使ってみないと分からない事もありますけどね。

「LaLa Call」平日昼頃は厳しいのかな?

「mineo」の通信速度が低下している平日お昼の時間帯に「LaLa Call」を使おうとしたら電話が掛けられない事がありました。

k20150511

ダウンロードで0.34Mbps

もう一度電話をかけてみたら今度は繋がったものの「プッ・プッ」という音が聞こえていて、この音がする時は通信環境が不安定になっているそうです。

やっぱり通信速度が低下している時は「LaLa Call」も繋がりにくくなるようです。

機種変更する場合は?

「LaLa Call」で機種変更する場合は新しい端末でアプリをダウンロード。同じeoIDで初期設定をすれば、今まで使っていた050の電話番号が使えるようになります。ただこれをすると古い端末で同じeoIDでは使えません。

<おススメ記事>

「mineo」と「WiMAX 2+」の通信速度

「mineo」でテザリングしてみた

APN設定が変更されて通信できなくなった

sponsored link



sponsored link

アーカイブ