これイイよ!

スマートフォンやタブレット、パソコン

auのモバイルバッテリー「R02P002L」を使ってみた

time 2017/03/03

12月に「かんたんケータイ KYF32」を契約した時にauショップで貰った、au+1collectionのモバイルバッテリー「R02P002L」を使ってみました。

「R02P002L」のバッテリー容量は5,000mAhで本体のカラーは濃紺。

MicroUSBケーブルが付属。

au純正(au+1collection)なので、説明書もちゃんとついてます。

本体の寸法は約64ミリ×70ミリ×23ミリでUSB出力は1個。本体にはバッテリー残量や充電状況を知らせるLEDとDC出力のボタンがあります。

「Anker PowerCore 10000」と大きさを比べるとこんな感じです。

厚さは同じくらい。

5,000mAhのモバイルバッテリーを普通に購入したら2,000円位はするのかな。

今メインで使っている「Anker PowerCore 10000」の容量10,000mAhの半分ですが、その分大きさも小さ目ですね。

sponsored link

「R02P002L」の充電時間

自分の使っている「iPhone SE」だとバッテリー残量約20%を90%台まで充電するのに約2時間かかり(充電中はほぼスマホを使わない)、3回充電できました(4回目は充電ができませんでした)。

使い方にもよるんでしょうけど、自分はバッテリー残量約20%を90%台まで2回充電できればモバイルバッテリーとして十分実用的なんじゃないかと思いますね。

「R02P002L」で充電できなくなってから、「R02P002L」をフル充電するまでにかかった時間は3時間30分~40分くらいでした。(充電には「Anker 24W 2ポート USB急速充電器」を使用)

自分の場合、スマートフォン本体は30分だけ充電とかよくやりますけど、モバイルバッテリーだと基本的にフル充電するようにしてます。

なので、メインで使っているモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が充電中の時に「R02P002L」をサブとして使ってるような感じです。

大容量のモバイルバッテリーは充電にもそれなりに時間がかかるので、大容量って程じゃなくてもそこそこの容量のサブバッテリーがあった方が便利ですよね。

それに「R02P002L」もサブとは言え「iPhone SE」を使いながらでも2回は充電できるので、ハードな使い方をしなければフル充電で1日は使えるんじゃないかと思います。

今までサブで使っていたソニーのモバイルバッテリー「CP-2LA」(容量4,000mAh)がかなりへたって来てるので、その代りに使うのにはちょうどいいですね。

まあ、もうちょっと容量は大きい方が良いけど、タダで貰ったものなのでわがままは言えません(笑)。

タブレットや大容量のバッテリーを内蔵したスマホだときついかもしれないけど、2,000mAh程度の内蔵バッテリーのスマホなら十分使えるんじゃないかと思います。

<おススメ記事>

モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」購入

Lightningケーブル「LHC-UALO05WH」を購入

「かんたんケータイ KYF32」購入

sponsored link



sponsored link

アーカイブ